1月第四週PFパフォーマンス…【 進む円高 身を竦める日経平均  一方米国市場は堅調で なぜか僕のPFも悪くない展開 】

  • 2018.02.01 Thursday
  • 23:42

JUGEMテーマ:株・投資  JUGEMテーマ:家計

 

 

今週は通貨に翻弄された一週間でした…

 

 

為替は円高進行止まらず…

 

 

 

 

 

 

 

そして…

週末は…

仮想通貨が…

 

 

<コインチェック>580億円相当不正流出 サイバー攻撃か

 

『国内仮想通貨取引所を運営する「コインチェック」は26日、同社の取引所から約580億円相当の仮想通貨が不正に流出したと発表した。同社は、取り扱うすべての仮想通貨の出金を一時停止した。外部から不正アクセスの形跡があり、サイバー攻撃の可能性がある。金融庁と警視庁に報告した。』

                      

                           毎日新聞 1/27(土) 0:48配信

 

 

 

 

コインチェック、NEM保有26万人に返金へ 460億円

 

『仮想通貨取引所のコインチェック(東京・渋谷)は28日未明、不正流出した仮想通貨「NEM(ネム)」を保有する約26万人全員に対し日本円で返金すると発表した。総額約460億円。大半の通貨の出入金や売買の中止は続いているが、今後も仮想通貨交換業者としての登録を目指す方針も明らかにした。

補償する金額はNEMの取扱高が最も多いテックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」のNEM価格を参考にする。売買停止後の出来高の加重平均である1XEM(XEMはNEMの取引単位)=約88.5円で返済額を計算。総額5億2300万XEM分を顧客に返済する。返済原資は自己資本を使い、補償時期や手続きの方法については検討中とした。

コインチェックは26日未明に不正アクセスにより、顧客から預かるほぼ全てのNEMが流出した。同日午後に全ての仮想通貨と日本円の出金を停止し、ビットコイン以外の仮想通貨の売買も中止している。流出時の総額は約580億円だったが、その後の値下がりで返済額は少なくなった。

コインチェックは流出したNEMについて原因究明を続ける一方、セキュリティー対策の強化を検討している。改正資金決済法に基づく仮想通貨交換業登録については「継続的に取り組む」と明らかにした。』

 

                           日本経済新聞 電子版 2018/1/28 0:50

 

 

 

 

流出被害、金融庁が「コインチェック」処分へ

 

『金融庁は、不正アクセスにより時価約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した仮想通貨取引所大手「コインチェック」(東京都渋谷区)に対し、週内にも行政処分を行う方針を固めた。』

 

                           読売新聞 1/28(日) 9:16配信

 

 

 

 

 

 

 

そんな”通貨”に翻弄された

1月第四週の
指数週間パフォーマンスは以下のとおりです

 

 

日経平均 -0.74  TOPIX -0.55  JPX日経400 -0.62
JASDAQ平均 +3.09  東証二部指数 +0.79  
マザーズ +4.81



PFパフォーマンスは
+6.59%…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前月末比パフォーマンスは以下のとおりです。
 

日経平均 +3.81%  TOPIX +3.40  JPX日経400 +3.50
JASDAQ平均 +8.81  東証二部指数 +5.22%
マザーズ +9.73



PFパフォーマンスは
+7.59%…

 

 

 

 

(なお、1月第四週の為、前年末比のパフォーマンスは省略)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PFの水準は…


2017年日本株PF評価額ピークから
+6.27%の水準…

 

因みに昨年の日本株PF評価額ピークは12月22日の75,030,134円でしたので…

そこから+4,703,326円の水準…

 

さらに言えば、

今年のピークは1月25日の80,835,431円でしたので…

そこからは-1,101,971円(-1.36%)の水準です…

 

 


(参考:日経平均は2017年のピーク12月25日の22939.18円から+3.02%の水準)

 

 

 

 

現在のPF構成銘柄は以下のとおりです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

最後に、記録として

日々の動きだけ乗せておきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

1月22日(月)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月23日(火)

 

 

 

 

 

 

 

 

1月24日(水)

 

 

 

 

 

 

 

1月25日(木)

 

 

 

 

 

 

 

1月26日(金)

 

 

 

 

 

【 後 場 】

日経平均-0.16%、TOPIX-0.27%、JPX日経-0.36%、JASDAQ平均+0.47%

マザーズ+0.24%、東証二部指数-0.37%。

 

PF-1.36%

(特定:-1.74%、信用:+0.50%)

 

大引けドル円109.367円。

 

東証一部売買代金2兆9075億円。

値上1079値下876変らず109。

東証一部大型株指数-0.46%…中型株指数-0.10%…小型株指数+0.24%

 

東証二部売買代金728億円。

値上245値下209変らず52。

 

マザーズ売買代金1068億円。

値上126値下115変らず3。

 

PF25銘柄中値上17値下8変らず0。

オーケストラHD-4.33%(終値2122円、値幅2122〜2230円)出来高50000株

ビジョン+0.77%(3270円、3205〜3325円)出来高176900株

ひらまつ+0.34%(599円、598〜604円)出来高162300株

 

欧州株はユーロ高警戒から下落…

米国株はまちまち…ダウ平均とS&P500が高値を更新した一方NASDAQは下落…

為替はECB理事会後のドラギ総裁会見は欧州の成長加速を強調する内容となり会見を受けてドルは売られる展開…

しかし、トランプ米大統領が強いドルを望むと発言したことで一転ドル買いの動きが強まる…

 

日経平均は高く始った後はジリジリと上げ幅を縮小…

ただ、下値では買いも入り前場はプラス圏を確保して引ける…

後場は昼休みに先物が下げたこともあり小幅安からのスタート…

週末で手じまいムードも強まる中マイナス圏で膠着したまま取引を終えた…

 

マザーズは高く始り上昇するも長くは続かず売りに押されて一時マイ転…

ただ、売り込まれることはなく直ぐにプラス圏に浮上しその後はレンジ内で揉み合う展開…

 

PFは寄付きこそ強かったものの主力オーケストラHDがザラ場を通してジリ安し安値引けしたことで

前場後場と下げ幅を拡大する展開…

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

*最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM